Login Form

アクセス解析

Home WEB開発 JavaScript 逆引きリファレンス IEのメモリリーク対策
JavaScript 第5版
著者: システム管理者
2010年 4月 22日(木曜日) 15:56
PDF 印刷 メール
【概要】
Internet Explorer利用時に発生してしまうメモリリーク対策を掲載しております。
IEを利用するメリットを感じることは全くありませんが、利用者が多数存在しているのも哀しい事実です。
【説明】
avoid memory leak in MSIE: clean up this.transport.
//
//
//
onreadystatechange = Prototype.emptyFunction;
//
//
//
onreadystatechange に null を設定しても問題は解決しません。
【便利ツール】
メモリリーク調査
メモリリークの検出・調査には、「IE Memory Leaks」というルーツが公開されています。
【注意事項】
IEを利用する必要のある方は注意して下さい。

コメント投稿

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
コメント:
*如何なるコメントであっても、その著作権は弊社に帰属するものとさせて頂きます。
最終更新 ( 2010年 4月 29日(木曜日) 17:41 )